全日本わんこそば選手権2019年度開催日は?2018年の結果や歴代記録まとめ

わんこそば選手権 イベント

 

だんだん寒さが増してくるこの時期は、年に一度のあの季節でもありますよね!

盛岡と言えば『盛岡三大麺』が有名ですが、その中でも一番と言えるのがわんこそば

15分間の1本勝負で、合計何杯食べられるかを競う大食い大会!

わんこそば選手権の季節です!

全国的にも有名で、各地域から毎年たくさんの人が参加してくれています。

今回は2019年令和発のわんこそば選手権についての情報をお届けしていきたいと思います。

 

全日本わんこそば選手権について

 

概要、申し込み方法、場所など

全日本わんこそば選手権は、岩手県盛岡市で年に一度開催されているイベントです。

開催日   令和1年11月17日 日曜日

時間    午前10時~午後3時

場所    盛岡つなぎ温泉 ホテル紫苑(盛岡市繋字湯ノ舘74-2)

全国各地から毎年多くの方が参加しています。

このわんこそば選手権は、こどもグループ選手権、一般グループ選手権、一般個人選手権の競技3部門とわんこそば選手権体験が行われます。

1.こどもグループ選手権 1チーム 1500円

2.一般グループ選手権  1チーム 6000円

3.一般個人選手権    1人   2500円

4.わんこそば選手権体験 1人   500円

各部門、応募が定員を越える場合は抽選になります。

選手権、体験に参加するには事前に申し込みが必要となりますが、今年の申込は10月17日で終了しています。

また、応援や観覧などは申込不要で入場無料となりますので是非参加してみてくださいね。

 

全日本わんこそば選手権2019年度開催日はいつ?

 

2019年度に開催される「第34回全日本わんこそば選手権in盛岡つなぎ温泉」は、11月17日の日曜日、午前10時から開始となっています。

場所は大会名にもあるとおり「盛岡つなぎ温泉 ホテル紫苑」にて行われます。

 

全日本わんこそば選手権2018年の結果は!

 

15分間一本勝負で行われるわんこそば選手権ですが、2018年の記録はなんと大会新記録だったのです!

なんでも、1996年に開催された第10回大会以来の新記録となったようでその記録は632杯!!

実際に大会の様子を見たわけではないですが、この数字を見ただけでかなりの衝撃を受けました!

2018年大会は22年ぶりの大会新記録となったようですが、この新記録が出る前は時間無制限というルールのもと559杯が最高記録。

それを考えると、たったの15分間で632杯を胃袋におさめたなんてまさに人間離れしたすさまじい食べっぷり。

そんな歴史を作ったのは一体どんな人?

それは大食いフードファイターのMAX鈴木さんです!

あの有名な大食い番組にも何度も出場しているので知らない人はいないはず。

ちなみに、わんこそば選手権のわんこそばは8~10杯でかけそば約1杯分と言われています。

632杯となると単純計算しても約63杯。

知れば知るほどすごい記録ですよね!

 

全日本わんこそば選手権の歴代記録!

 

わんこそば選手権は、平成9年第11回大会より15分間の時間制限にルール変更され今に至ります。

それ以前は時間無制限で行われていました。

今回ご紹介する歴代記録は制限時間に関係なく、食べた量でランク付けしてあります。

第1位 632杯
第2位 559杯
第3位 543杯
第4位 530杯
第5位 480杯
第6位 451杯
第7位 428杯
第8位 424杯
第9位 411杯
第10位 403杯

第5位と第9位には女性が2名ランクインしています。

この2人は大食いフードファイターでおなじみの、菅原初代さんと小原尚子さんです。

しかも、どちらも岩手県民!誇らしいですよね!

とはいっても、やっぱり女性でここまで食べられる人はなかなかいないという事ですね。

10位の方でも400杯を越えているので、この勝負はレベルの高いイベントとなっています。

テレビ局の取材も毎年来ているので注目度の高さがわかりますね。

 

まとめ

 

毎年多くの方が参加しているわんこそば選手権は岩手県の名物イベントと全国的に有名になっています。

出場者だけでなく、家族や職場の仲間や友人などの大声援で大盛り上がり!

大会が開始されると会場内はヒートアップで楽しめる事間違いなしです。

撮影もOKなので、大食いチャレンジする方はぜひ思い出として残してみてください♪

わんこそばの他にも、じゃじゃ麺、冷麺も有名なので岩手に来た際には一度味わってみてはいかがですか?

タイトルとURLをコピーしました