キャベツに赤い虫が!名前や対処法、食べても大丈夫なの?

キャベツの赤い虫 生活

 

キャベツに赤い虫がくっついてたって経験ありませんか??

料理をする人なら誰でも一度は遭遇したことがあると思います!

もちろん私も経験あり!

それからキャベツを使う料理の時は、一枚二枚と葉っぱをめくるのに神経質になりました。。

今回はそのミミズなのか寄生虫なのか分からないキャベツにくっついている虫について調べました!

 

赤い虫の名前と正体とは!

 

キャベツにくっついていた謎の赤い虫。

その正体はミミズの一種らしいのです。

そもそも、農薬を少なめに使用した育て方をしていると赤いミミズが発生しやすくなるそうです。

逆に言えば、虫も好む新鮮で安全な野菜の証拠ということがわかりますね。

 

赤い虫を見つけたときの対処方法とは

 

野菜に虫がくっついてるのを発見したら、まずその虫を取り除きましょう。

他に虫がくっついていないか全体を確認。

虫さえ取れたら気にならないと言う人はそのまま調理するといいですが、気になる人は虫がいた場所を一回り大きく切り取って捨てると良いです。

キャベツまるごと捨てるのはもったいないのでやめましょう!

 

食べても大丈夫なの?

 

赤い虫は気持ちが悪いですが、そもそも肥料となる土を食べて育つのがミミズです。

その排泄が栄養のある肥料となり野菜を育でる土となります。

なので、ミミズの排泄物をはじめミミズそのものには特に害が無いようです。

むしろ、害虫ではなく益虫!

というわけで、私たちがそのキャベツを食べても問題はないということです!

 

お店にクレームを言ったほうがいい?

 

あくまでも私の経験談ですが、キャベツ以外にほうれん草やチンゲン菜にも虫がくっついていたことがありました。

とはいっても、虫がくっつくほど野菜が新鮮でおいしい証拠とよく聞きます。

私は虫が大の苦手ですが、お店にクレームという事は考えませんでした。

明らかに虫の量が半端ない場合はお店に問い合わせた方が良いと思いますが、小さな虫一匹程度ならお店にクレームはどうなのかな~と個人的に思います。

『でもやっぱり気になる!』と言う人はクレームという感じではなく『野菜を買ったらこうだったんです』という感じで一度問い合わせしてみると良いかもしれませんね。

取り替えてくれると思います。

 

まとめ

 

キャベツにくっついている赤い虫はミミズの一種で、特別害のある虫ではありません

もし見つけた場合は、虫を取り除いてくっついていた部分をしっかり洗うか、それでも気になる人はその部分をちぎるなどなど。

虫も命あるいきもの、野菜を美味しくする土を作ってくれる縁の下の力持ち!

農薬が少ない野菜なので、普通のキャベツより美味しいキャベツと認識すると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました