【地図】盛岡市の観光スポット厳選6つ!県民がおすすめする人気ランキングとは!

盛岡市の観光スポット レジャー

 

秋も深まり、岩手は朝晩の冷え込みがより一層厳しくなってきました。

ハロウィーンも終わり、暦上では11月8日に立冬を迎え徐々に秋から冬へと変化の季節ですね。

とはいっても、紅葉もこれから見ごろを迎える地域もまだまだありますし、楽しめる観光スポットが満載!

今回は、この時期おすすめの岩手・盛岡周辺の観光スポットやイベントをご紹介します♪

 

岩手県盛岡市について

 

岩手県は、本州でいちばん大きい面積を有している県になります。

岩手県の県庁所在地である盛岡市は、盛岡三大麺が有名。

《冷麺・じゃじゃ麺・わんこそば》この3つはセットでお土産購入する人が一番多いです。

三大麺というだけあって、盛岡には麺類のお店が多いですが、同じくらい焼肉屋さんも多いのが特徴。

『焼肉屋=冷麺』というのも一つの理由ですが、こんなに焼肉屋さんが多いもう一つの理由は、韓国と盛岡の緯度が同じだからと昔聞いたことがあります。

果たしてこの説は本当なのかわかりませんが…

また、岩手県は『雨ニモマケズ』で有名な宮沢賢治の出身地でもあります。

宮沢賢治の作品には『銀河鉄道の夜』というものがありますが、実際にその名前を使った鉄道も存在しています。

いわて銀河鉄道線は、その頭文字を取って通称IGR線と呼ばれています。

北上~金田一温泉、目時間を走行し岩手の人の足として毎日運行中です♪

他にもたくさんおもしろいおすすめスポットがあるのでご紹介していきます!

 

1 《ざしきわらしが出る!?金田一温泉郷》

1000年以上の歴史を持つ、金田一温泉は岩手県二戸市にあります。

座敷わらし伝説の舞台として全国から注目が集まっている有名な場所です。

遠方からの観光客が多く、温泉以外にも九戸城跡、天台寺、馬仙峡など見どころがたくさんあります。

 

2  《厳美渓 かっこうだんご》

厳美渓は、深淵、甌穴に滝、奇岩、怪岩といったダイナミックな景観が魅力で一関市内へと流れる磐井川の浸食によって形成された自然を目にすることが出来る川下りです。

約2キロに渡って続く風景川下りは荒々しい流れが岩にぶつかり豪快な水しぶきをあげたり、ゆったりとした深淵が見れたりと上流と下流で真逆の顔が楽しめるのも魅力で圧巻そのもの。

また、川下り以外に有名なのが厳美渓名物の『空飛ぶだんご』。

岩場のカゴにお金を入れるとそのカゴにお茶とだんごが入って飛んできます。

テレビでも取り上げられ観光客を楽しませていますのでこちらもオススメ!

 

3  《世界遺産!中尊寺金色堂》

2011年6月に世界遺産登録された、中尊寺は岩手県平泉市にあります。

多くの建物や展示品がある中、ひと際有名なのが金色堂です。

細かいところまで全て金で作られ見る人を惹きつける素晴らしい魅力が詰まった圧巻の一言に尽きます。

 

4  《宮沢賢治記念館》

宮沢賢治記念館は、宮沢賢治が生まれ育った花巻市にあります。

賢治が残した作品や関係資料、作品の創作過程など多彩な活動をした宮沢賢治の世界観を知ることが出来る施設です。

 

5  《遠野 めがね橋》

半円が五つ連なるアーチ橋で、通称「めがね橋」と呼ばれています。

この橋はJR釜石線が通る橋で宮沢賢治の童話「銀河鉄道の夜」のモチーフになったとされています。

観光シーズンには幻想的な色でライトアップされ、写真スポットもあり恋人の聖地としても認定されています。

ちなみに…

JR釜石線の前身である岩手軽便鉄道は、タレントの出川哲朗さんの大おじおじが作ったんだとか!

近いのか遠いのかわからない親戚関係ですが、ゆかりがあるってすごいですよね。

みなさんも是非♪

 

6  《石割桜》

石割桜は名前のとおり、ものすごく大きな岩を割って生えてきた桜の木です。

巨大な花崗岩の岩の狭い割れ目から突き出た力強い生命力が大変珍しいとされています。

盛岡地方裁判所の敷地内にあり、国の天然記念物に指定されている樹高11.0メートル, 樹齢が350~400年といわれるエドヒガンザクラです。

桜の咲く季節になるとカメラを持った人で賑わう有名な観光スポットです。

 

秋に行ってみたい盛岡の観光スポット№1

 

《大沢温泉》

大沢温泉は昔からの湯治場が今も残っている歴史のある温泉宿です。

湯治場とは、宿泊する人たちが自分たちで食事を作る場所のこと。

今の時代、近代的な建物やハイセンスな内装の宿泊施設などが多いですが、ここは昔からの名残が今もある貴重な体験ができます。

建物も昔のつくりを生かしたとても趣のある場所。

温泉もいくつかあるのですが、その中の豊沢の湯がおすすめ。

豊沢の湯は、半露天の広い岩風呂なのですが目の前に川が流れ紅葉が綺麗に色づいていてこの時期一番の見ごろです。

温泉に浸かりながら、もみじが色付いているのを眺めるのは贅沢で最高の癒しです♪

源泉かけ流しというのも高ポイント!お肌つるつるリフレッシュ出来ること間違いなし!

 

冬に行ってみたい盛岡の観光スポット№1

 

《八幡平アスピーテライン》

八幡平アスピーテラインは、岩手県の八幡平御在所地区~秋田県のトロコ温泉までの全長約27kmの八幡平を横断するドライブウェイです。

冬の間に積もりに積もった雪が数メートルの高い壁のように道路を挟んだ両側に現れます。

ここから見る景色は圧巻の一言!

雪国ならではの貴重な体験が出来る絶好のおすすめスポットです。

また、通行可能期間は4月中旬から11月上旬となっていますが、凍結の危険がある場合、通行止めの可能性も。

樹林の中に青い湖沼やアオモリトドマツの枯れた木々、岩手山と八幡平ならではの景観を是非ご堪能あれ♪

 

まとめ

 

いかがでしたか?

岩手県はみなさんが何となく知っている人物や歴史が意外と多いんです。

今回ご紹介したのはほんの一部で、まだまだ魅力的なスポットはたくさんあります。

少しでも岩手に興味を持って遊びに来てもらえたら最高に嬉しいです♪

みなさん是非一度お越しくださいね!

タイトルとURLをコピーしました